サラリーマンでも勝つ投資

株・REITを中心とした長期投資スタンス

*

スカイマークが民事再生法申請するまでの交渉経緯をまとめてみた

      2015/03/14

スカイマーク株をもっと早くに手放しておけばよかったです。復活できるんじゃないかと期待してしまって、なかなか損切りできずにいました。

結果としては民事再生法を申請し、上場廃止が決まってしまいましたが、スカイマークが上場企業のままで生き残る可能性はあったのでしょうか?

それを考えるために、スカイマークの経営が悪化してから復活の可能性をかけた交渉の経緯を簡単にまとめます。

スポンサーリンク

 

スカイマークの民事再生法申請までの経緯

  • 2013年:LCCとの価格競争・原油高で業績悪化。
  • 2014年5月:エアバスにA380購入資金準備の遅れを通知。
  • 2014年7月:エアバスから損害賠償を求められる。
  • 2014年7月:上記のニュース周知後、複数の航空会社や投資ファンドから支援の申し出あり。
  • 2014年8月:エアアジア(マレーシアのLCC)とは経営方針や経営権に関する意見が合わず破談。
  • 2014年10月:KKR(大手プライベートエクイティファンド)とは経営権に関する意見があわずに破談。
  • 2014年12月:JALとANAとの共同運行が決定。
  • 2015年1月:旧村上ファンドと融資受け入れで合意するも関東財務局と東京証券取引所が許可せず。
  • 2015年1月:資金繰りのために、ANAに予備部品を10億円で買い取ってもらう予定が急遽破談。
  • 2015年1月:給与支払の資金繰りのために、社長がスカイマークに融資。
  • 2015年1月:春秋航空(中国大手のLCC)がもう少し検討の時間が欲しいというも資金繰りが悪化し時間切れ。
  • 2015年1月28日:民事再生法の適用を申請。インテグラルがスポンサーに決定。

(上記のまとめは日本経済新聞の記事をもとにしています)

 

スカイマークの経営難を見抜くことができなかったのか?

まず、これだけ色んなところと交渉しているのに、リークされなかったのがすごいですね。

もしかしたらリークされていた(情報もれしていた)かもしれませんが、ぼくのアンテナの高さが不十分だったようです。

そしてなによりもぼくが楽観的すぎたのでしょうね。

JALとANAとの共同運行でなんとなく解決するだろうとか、エアバスも会社を潰すほどのプレッシャーはかけてこないだろうとか、どこかの航空会社が資金注入するだろう、とか。

でも、確かにあとから考えてみれば、エアバスが巨額の損害賠償を起こしている相手のスカイマークに資金注入するようなもの好きはなかなかいないでしょうね。民事再生して借金チャラになってからビジネス立て直そうというのならまだしも、大きな借金を負った赤字の会社を援助しようなんて思わないですよね。

うーん、まぁ、後知恵で言えることですね、全部。でも、冷静に考えていたらエアバス訴訟があった段階で損切りするのが賢明だったんでしょうね。赤字の会社に返せる金額ではなかったですものね。

 

それでも気になるスカイマークの脇の甘さ

しかしながらどうしてこんなにたくさんの交渉相手がいながらもことごとく破談に終わったのか。

社長が経営権を手放したくなかったというのが一つの理由ですね。もちろん自分勝手な理由ではなく、日本の航空市場をJALとANAグループだけの二極体制にしたくないという思いがあったようですが。

それにしても交渉が上手くない。そもそもエアバスとのコミュニケーションがうまくいっていないのが致命的でしたね。最初から社長が面会して誠意を伝えるだけでも違っただろうに。

旧村上ファンドからの融資の件だって、事前に当局に根回ししておかなきゃ。お粗末過ぎる結果でしたね。

 

私財を投じた社長の懐の深さには驚き

しっかし変わった社長だなぁ、とはずっと思ってました。ミニスカ戦略とか。

顔つきとかコメントでなんとなく傲慢な社長というイメージ持ってました。そして経営難におちいってからは、ぼくは「社長の顔を先にみてればスカイマーク株なんて買わなかったのに」と勝手なことを思っていました。

でも、今回の件で、社員の給料払うために私財から会社に融資をしたというのはちょっと美談ですね。太っ腹でやるときはやるじゃん、という印象。ちょっと見直しました。

 - 銘柄ニュース

PC_01

PC_01

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

calculator02
GMOペイメントゲートウェイが続落

みなさん、こんばんは。 ついにゴールデンウィークが明けましたね。 いや、休暇が終 …

cent
エイベックス株を売却しました – 利益確定のタイミングと判断

エイベックス・グループ・ホールディングス(7860)株を本日売却しました。 昨日 …

cent
ツクイ株を売却しました – 介護報酬引き下げはつらい

介護サービス事業を手がけるツクイ(2398)株を売却しました。 5月14日に決算 …

calculator02
GMOペパボ株が同業サービスのtetote(テトテ)買収で大幅高

ハンドメイドマーケットサービス「minne(ミンネ)」を提供するGMOペパボ(3 …

aircraft
スカイマーク株をついに損切り、でも100株は持ち続けます

民事再生法の申請をして3月に上場廃止の決まったスカイマーク株を一部損切りしました …

calculator02
カカクコムが好調な四半期決算 – 食べログ事業が伸長

カカクコム(2371)の株価が前日比+70円(+4%)上げて1,842円となりま …

calculator02
エイベックスはコンテンツ企業として飛躍できるのか? – 2015年3月期決算まとめ

エイベックス・グループ・ホールディングス(7860)が5月14日に決算発表してい …

image003
なぜ株価の上昇を事前に当てられたのかを検証してみた

以前に書いた株価の予想に関する記事をさらに深堀りしてみます。 (関連記事)株価の …

calculator02
GMOペパボがminne(ミンネ)の流通額をついに公表!待ってました!

GMOペパボが四半期決算を4月28日に発表していました。 売上は会社計画に対して …

calculator02
カカクコムが決算発表後に株価下落

価格比較サイトや食べログを運営するカカクコム(2371)が2015年3月期の決算 …